アクセス

交通案内

マイカーは七倉ゲート前までしか入れません。七倉駐車場は無料ですが、ハイシーズンや紅葉時期などの混雑する日は停められなくなる場合があります(約50台)。満車の場合は2キロ手前にある七倉ダムの駐車場に停めて歩いていただくようになります。信濃大町駅からの公共交通機関は、タクシーのみとなります。 路線バスはありません 。七倉ゲートより先の東京電力管理道路の特定タクシーは七倉山荘前、高瀬ダムのえん堤に数台常駐しているかと思います。料金や運行状況については下記の通りです。

 

  • 令和3年特定タクシー通行期間・時間
  • 冬期閉鎖解除日~ 7月16日(金)6:30~19:00
  • 7月17日(土)~ 9月5日(日)5:30~19:00
  • 9月6日(月) ~ 9月30日(木) 6:00~18:00
  • 10月1日(金) ~10月15日 (金) 6:30~17:00
  • 10月16日(土) ~11月7日(日) 7:00~17:00

 

*七倉から高瀬ダム所要時間15分 料金片道2,400円位 *4人までの乗り合わせができます。

*詳しくはタクシー会社にお問い合わせください。

*高瀬ダムえん堤に待機しているタクシーがいない場合は、管理所の前にあるコ イン式公衆電話(10円硬貨のみ可)から呼んでください。

*連続雨量が累計70㎜又は時間雨量15㎜に達した時は通行禁止となります。

管理道路は徒歩での通行のみ24時間可能ですが、天候や災害により通行止めとなる事があります。登山シーズン、日祝日以外は高瀬ダムの土砂の運搬で、ダンプカーが多く通行しています。トンネルが多いので七倉ゲートから徒歩で行かれる方は十分注意して下さい。詳しくは 大町市観光協会 または、タクシー会社までお問い合わせ下さい。

大雨や台風通過後に、高瀬ダムから登山口までの間にある濁沢の仮設橋が流失して通行出来なくなる場合があります。過去に土石流の被害も起きていますので十分ご注意下さい。  

 

大町市観光協会  0261-22-0190
アルプス第一交通  0261-22-2121
アルピコタクシー  0261-23-2323

 

 

烏帽子小屋周辺のご案内

 

 

登山口から烏帽子小屋 (4~6時間)

通称、ブナ立尾根。登山口は標高約1300m。標高差1250m、平均斜度30度の急な登りが続きます。12番(登山口)から0番(烏帽子小屋)まで、およそ標高差100m毎に番号が振ってあります。北アルプス三大急登と記録されています。

 


小屋から烏帽子岳山頂 (片道45分)

標高は2628mと低いですが独特な景観。烏帽子岳山頂直下は、クサリ場で崩れやすい場所もありますのでご注意下さい。日本二百名山のひとつ。

 


烏帽子岳分岐から四十八池 (片道20分)

烏帽子岳への分岐から南沢岳方面へ少し行くと、静かな池塘帯が現れます。

 


船窪小屋 (7時間~12時間)

コースの稜線上には水場は一切ありません。距離も長く、アップダウン(累積標高差は1000m以上)が多いです。エスケープルート、避難小屋などもありませんので情報収集や万全な装備で臨んで下さい。

 


野口五郎小屋 (3~4時間)  

三ッ岳のトラバースを終えた先に分岐があります。シーズン初めの「お花畑コース」には残雪があり、トラバースが長く大変危険です。残雪がなくなるまで「稜線コース」を通行して下さい。

 

 

下山後のご入浴は、七倉山荘高瀬館 などでご利用可能です。その他詳細は、 大町市観光協会 のホームページにてご確認下さい。