平成29年度 烏帽子小屋 開設期間 7月上旬~10月10日


烏帽子小屋 交通 烏帽子小屋 登山案内 烏帽子小屋 料金 烏帽子小屋 テント場 烏帽子小屋 予約


ご案内

創業は大正12年。小さな茅葺の小屋から始まりました。当時は発電機もガスもなく、薪を使用していたので小屋の中はけむたく『いぶし小屋』と呼ばれていました。もちろん、ヘリコプターなど発明される前でしたので食料は毎日、歩荷と現地調達という環境だったそうです。
現在の烏帽子小屋は、北アルプス裏銀座コースの起点の小屋として知られており、高瀬ダムからブナ立尾根を登りつめ、稜線を越えた標高2520mの林の陰に、吹雪にも負けずに50年、素朴な味わいを残したままひっそりと建っています。お泊りには多少の不便を感じられるかと思いますが、それもまた北アルプス登山のスパイスとして楽しんでいただければ幸いです。


登山口から烏帽子小屋(ブナ立尾根)・・・4~6時間
登山口は標高約1300m。平均斜度23度、標高差1250mの急な登りが続きます。12番から0番まで、登山道上におよそ標高差100m毎に番号が振ってあります。北アルプス三大急登のうちのひとつ。

小屋から烏帽子岳山頂・・・片道45分
標高は2628mと低いですが、独特な景観。烏帽子岳山頂直下は、クサリ場で崩れやすいので十分ご注意下さい。
日本二百名山のひとつ。

烏帽子岳分岐から四十八池・・・片道20分
烏帽子岳への分岐から南沢岳方面へ少し行くと、静かな池塘帯が現れます。

船窪小屋・・・8時間~10時間
コース稜線上には水場はありません。距離も長く登り下りが多いです。
エスケープルート、避難小屋などもありませんので、天候などの情報収集や万全な装備で臨んで下さい。

野口五郎小屋・・・3~4時間
三ッ岳を越えた先に分岐があります。シーズン初めの「お花畑コース」には残雪があり、トラバースが長く危険です。
残雪がなくなるまで「稜線コース」を通行して下さい。

晴嵐荘・・・10時間以上
秘湯、湯俣温泉で有名な小屋です。登山後の汗を流してみてはいかがでしょうか。
















七倉ゲート前には夏山シーズン中、山岳遭難防止対策協議会(遭対協)の補導所が開設されます。入山届けの記入や最新の登山情報の確認が出来ます。

七倉ゲートより先は携帯の電波がつながりにくく、高瀬ダムでは圏外となります。ダムのえん堤の建物に公衆電話が設置されています
(10円硬貨のみ使用可)ので緊急時や下山時、タクシーを呼ぶ時にご利用下さい。

水場は登山口すぐ近く(ダムから来て向かって左側)の小さな沢を利用して下さい。ブナ立尾根上に水場はなく ここが最終水場となります落石に十分注意して下さい。

おおむね7月下旬まで、
標高の高い登山道上には残雪があります。
経験レベルに合った必要な装備をご用意下さい。

北アルプスには多くの野生のクマが生息しております。遭遇する危険を避ける為にも、ホイッスルやクマ除け鈴などご用意されると良いかと思います。

ご入浴は、七倉山荘高瀬館などでご利用可能です。その他詳細は、大町市観光協会のホームページにてご確認下さい。




交通



マイカーは、七倉ゲート前までしか入れません。七倉駐車場は無料ですが混雑する日は停められなくなる場合があります。

信濃大町駅からの公共交通機関は、タクシーのみとなります。バスはありません。特定タクシーは七倉山荘前、高瀬ダムのえん堤に数台常駐しているかと思います。料金や運行状況についてのお問い合わせは、直接タクシー会社までお願いいたします。

特定タクシーの通行出来る時間帯は季節により異なります。七倉ゲートより先は
徒歩での通行のみ24時間可能ですが、天候や災害により通行止めとなる事があります。

日祝日以外は高瀬ダムの土砂の運搬で、ダンプカーが多く通行しています。トンネルが多いので七倉ゲートから徒歩で行かれる方は十分注意して下さい。

大雨や台風通過後に、高瀬ダムから登山口までの区間にある
濁沢の仮設橋が流失して通行出来なくなる場合があります。徒渉は大変危険ですのでおやめ下さい。

☆信州アルピコタクシー TEL 0261-23-2323
☆アルプス第一交通   TEL 0261-22-2121
☆大町市観光協会    TEL 0261-22-0190




各種料金

ご宿泊 1泊2食 9,500円
1泊夕食 8,500円
1泊朝食 7,500円
素泊まり 6,000円
お弁当 おにぎり2個 700円
テント場使用料 1人1泊 800円
 飲料水  雨水を消毒したもの(500ml) 100円
 お湯  熱湯(500ml) 250円
缶ビール  スーパードライ(350ml) 600円
 ペットボトル  ジュースなど(500ml) 500円
昼食   カップラーメン 500円
 カレーライス 1,000円
ホットドリンク   コーヒー、ミルク 500円
※上記料金はすべて税込となります。




ご宿泊について

基本的に相部屋となり個室はございません。お風呂、シャワーなどの入浴設備はございません。消灯後の小屋内は暗くなりますので、ヘッドランプなどご用意下さい。秋になると山の気温は急激に下がります。小屋の中も冷え込みますので防寒着をご準備下さい。

消灯時間 PM8:00

貴重品のお預かりは出来ません
。持ち物の取り間違えがよくありますのでご注意下さい。お荷物の紛失や取り間違えに関することは小屋では責任を負いかねます。 お忘れ物はお届けすることは出来ません。ご連絡がない場合は処分させていただく場合もございます。

自炊場をご利用されるお客様へ
食事の際は受付前のテーブルを利用して頂いています。事故防止の為、コンロを使用される場合、基本的に小屋の外でお願いしております。昨年、小屋内でガスカートリッジの爆発事故が発生しました。ご理解とご協力をお願いいたします。



お食事について

夕食は、ボルシチ定食を予定しております。朝食は簡素な和定食となります。夕、朝食共に、ご飯のおかわりはご遠慮なくどうぞ。
 
<夕食> ボルシチ、サラダ、お新香、みそ汁、白ご飯
<朝食> 佃煮、お新香、みそ汁、白ご飯

夕食 PM5:00~ 朝食 AM5:30~ 
※混雑時など変更有り。

小屋泊まり以外の方の夕食、朝食のご用意はいたしておりません。


カレーライス、カップラーメン、ホットドリンクなど、軽食のご注文は時間帯によりお受けできない場合や売り切れる場合もございますのでご了承下さい。


お弁当は、おにぎり2個となります(700円)。 ご注文は前日のPM4時に締め切らせていただきます。夕食後(PM6時位)に受付にてお渡しさせていただきます。




テント場について

小屋から三ッ岳方面へ数分(3~5分)です。幕営数は20張ほどです。シーズン中はかなりの混雑が予想されます。必ず烏帽子小屋の受付まで申込書にご記入の上、料金をお支払い下さい(1人1泊800円)。なお、テント場は先着順ですのでご予約は出来ません。トイレは小屋前の外トイレをご利用下さい。使用料は料金に含まれております。

持ち込んだもの(ガスカートリッジ、小屋で購入していない飲料や食料など)のゴミはすべてお持ち帰り下さい。テント場に水場はありませんので小屋の受付にてご購入下さい(500ml、100円)。

表銀座方面を望む ひょうたん池

高瀬ダムの濁沢テント場は有料です。ご利用された場合、烏帽子小屋に到着された時に使用料(1人1泊500円)を、お支払い下さい。 台風、大雨が予想される時は増水し危険です。絶対に利用しないで下さい。水場は登山口すぐ近く(ダムから来て向かって左側)の小さな沢となります。落石に注意してご利用下さい。

最近、温暖化の影響か、
テント場や登山道に大量のブヨが発生しております。普通の虫よけでは効果がありませんので、虫よけネット、ハッカ油、ブヨ専用の蚊取り線香などご用意されればよいかと思います。小屋での販売は行っておりません。




電波状況など

ブナ立尾根上ではdocomoの電波が、9番と6番(中休み)、4番(三角点)より上部で所々入ります。au、ソフトバンクは圏外です。

小屋内では携帯の電波は入りません。docomoであれば小屋から出て1~2分の高台で入りますが機種によってはつながらない場合があります。公衆電話はございませんが緊急時のみ、有料で衛星電話をお貸しすることは可能です。

デジタルカメラ、携帯電話やスマートフォンなどの電子機器の充電は受け付けておりません。発電機を使用しており不安定で故障やトラブル、落雷による破損の可能性もあります。コンセントの数も限られているので、お断りさせていただいております。



ご予約・お問い合わせ

宿泊されるお客様は、ご予約下さいますようお願いいたします。ご予約なしで遅くに到着された場合、夕食の用意が出来ない場合がございます。


烏帽子小屋では
衛星電話を使用しておりますので、メールでのご予約、お問合せの対応は出来ません。ご不便をおかけしますが、7月1日以降に下記までお願いいたします。

TEL 090-3149-1198 (AM7時~PM7時)※衛星直通電話

天候など諸事情により、お電話がつながりにくくなる場合がございます。つながらない場合は少し時間を置いてからおかけ直し下さいますようお願い申し上げます。

キャンセル料はございませんが、キャンセルの際はお早めにご連絡下さい。また、ご予約のあるお客様で、ご到着が遅れる場合も遭難等への対処が必要となる場合も考えられますので必ずご連絡下さい。ご協力お願いいたします。







道中、お気をつけてお越しください。


烏帽子小屋