第7回よびかけ人懇談会|九条の会・わかやま

第7回「呼びかけ人懇談会」開催
九条の会・わかやま


 2016年1月31日、和歌山県JAビルで第7回呼びかけ人懇談会が開かれ、呼びかけ人の江川、副島、中西、花田の4氏と事務局員5名が出席しました。
 まず柏原事務局長から挨拶で、安倍政権が安保法制を強行した後も廃止を求める運動が続いている一方、夏の参議院選で明文改憲を争点にすると安倍首相が明言するなど緊迫した情勢、および参議院選において安保法制廃止で一致する共同候補を立てるための「和歌山の会」の動き、前回呼びかけ人会で決めていただいた「連続講座」を実施したことを報告しました。次に南本事務局員から配布資料に基づいて、より詳細な会務報告が行われました。
 次いで、自己紹介を兼ねて近況や問題意識を出し合いました。周囲の政治について冷めた雰囲気、管理が強まる中で熱狂の無いファシズムに近づいている印象などが指摘されるとともに、戦争法の廃止に向けて大きな共闘で参議院選に勝つ意識変革の必要性、熊本で成立したような共闘の動きが全国でめざされている、運動に若い人たちが参加してきているなど積極面も出されました。
 最後に、2000万人署名の推進に協力すること、和歌山市中心に近くの九条の会が共同でイベントを行う方向で事務局で具体化していく、との提案が了承されました。