植ちゃんのおすすめ金沢市内観光スポット



「いしかわ観光特使」「金沢ボランティアガイド”まいどさん」の管理人が
お勧めの観光スポットを紹介します。
金沢市内観光 5時間コース
金沢市内観光 1日ース
金沢市内観光 1泊2日コース
長町武家屋敷界隈コース
ひがし茶屋街コース(約90分)
主計町コース(約20分)
おすすめ金沢市内観光コースTOPへ
植ちゃんの「金沢・いしかわに恋をしましたTOPへ
金沢市内観光 5時間コース
おもな観光スポットを半日で巡るコースとなっています。
途中で昼食取るとプラス1時間位が必要です。
  *金沢周遊バス、路線バス利用

   (始発8:36、終発18:00、12分ごと出発)
金沢駅東口バスターミナル地図
■金沢市内の交通機関(金沢周遊バス、ふらっとバス他)
2012.5.1UP
1)金沢駅東口バスターミナル
  2005年3月JR金沢駅東口広場の整備事業が完成した。この広
 場はガラスでできたドームを中心とした斬新な空間となっています。
 もてなしドーム、鼓門、水時計、地下広場などがある。

 ◇石川県金沢観光情報センター
  JR金沢駅構内にある「石川県金沢観光情報センター」では、金沢
 をはじめとした石川県内の観光パンフレットを多数揃え、観光に関す
 るさまざまな情報を提供しています。車椅子の無料貸出のほか、雨
 ・雪の日には雨傘や長靴の無料貸出など、天候の変わりやすい金
 沢ならではのサービスもいっぱい!

■石川県金沢観光情報センター紹介ページ
■植ちゃんの「金沢・いしかわに恋をしました!」ブログ
    (金沢駅〜橋場町交番前約12分)
2)ひがし茶屋街
  ひがし茶屋街は文政三年(1820)に加賀藩がこの近辺に点在
 していたお茶屋をここに集めて町割りしたもので、今でもキムス
 コ(木虫籠)と呼ばれる美しい出格子がある古い街並みが残り、昔
 の面影をとどめています。灯ともし頃にもなれば、今でも軒灯が
 ともる茶屋から三味線や太鼓の音がこぼれてきます。
  平成13年に国の重要伝統的建造物保存地区に選定され、「街
 並みの文化財」として保存策が進められています。


■ひがし茶屋街紹介ページ
    (バス金沢橋場町金城楼前〜兼六下約5分)
3)兼六園
  兼六園は、江戸時代の回遊林泉式庭園の特徴を今日に残す
 代表的名園で、水戸の偕楽園、岡山の後楽園とともに日本の三
 名園と称されている。築庭は延宝3年(1676)加賀5代藩主綱紀に
 始まり、約170年を費やした。宏大・幽邃・人力・蒼古・水泉・眺望
 の六勝を兼ね備えるという意味から命名された。

■兼六園ホームページ
■兼六園散策地図
■植ちゃんの「金沢・いしかわに恋をしました!」ブログ
    (徒歩1分
4)金沢城公園
  金沢城は1580(天正8)年佐久間盛政が領主になってはじまる
 が、1583(天正11)年前田利家が入城し14代慶寧(よしやす)まで
 「加賀百万石」で知られる前田家の居城となった。金沢城下は300
 年に渡り一家の有力大名のもとで連綿として繁栄し、明治維新を
 迎えたのである。
  金沢城公園は東京ドームの5倍(28.5ha)と広大で、再建した河
 北門、菱櫓、五十間長屋、橋爪門続櫓のほか、既存の石川門、三
 十間長屋も含めた歴史的な史跡公園になっている。

■金沢城公園ホームページ

■金沢城公園散策地図
■植ちゃんの「金沢・いしかわに恋をしました!」ブログ
    (徒歩金沢城公園〜長町約15分)
5)長町武家屋敷跡
  長町は前田八家の1つ長氏の屋敷があったことから名付けられ
 ました。現在の長町武家屋敷一体は長氏、村井氏をはじめ上級武
 士から中級、下級武士などが住んでいました。現在では、当時の
 武家屋敷は殆ど残っていませんがその中で中級武士だった野村
 家邸は当時の武士の邸宅の様子を伺うことができます。


■長町紹介ページ
■植ちゃんの「金沢・いしかわに恋をしました!」ブログ
    (香林坊日銀前〜金沢駅約15分)
6)金沢駅東口
  
7)金沢駅百番街みやげ館
■金沢百番街フロア案内
おすすめ金沢市内観光コースTOPへ
植ちゃんの「金沢・いしかわに恋をしましたTOPへ
金沢市内観光 1日ース
このコースは金沢市内の主な観光スポットの入門コー
スです。ぜひもう一度金沢に来ていただき体験スポッ
トにいくつか参加していただきたいです。

  *金沢周遊バス、路線バス利用
  (始発8:36、終発18:00、12分ごと出発)
■金沢駅東口バスターミナル地図
■金沢市内の交通機関(金沢周遊バス、ふらっとバス他)
2012.5.1UP
1)金沢駅東口バスターミナル
  2005年3月JR金沢駅東口広場の整備事業が完成した。この広
 場はガラスでできたドームを中心とした斬新な空間となっています。
 もてなしドーム、鼓門、水時計、地下広場などがある。

 ◇石川県金沢観光情報センター
  JR金沢駅構内にある「石川県金沢観光情報センター」では、金沢
 をはじめとした石川県内の観光パンフレットを多数揃え、観光に関す
 るさまざまな情報を提供しています。車椅子の無料貸出のほか、雨
 ・雪の日には雨傘や長靴の無料貸出など、天候の変わりやすい金
 沢ならではのサービスもいっぱい!

 ■石川県金沢観光情報センター紹介ページ
 ■植ちゃんの「金沢・いしかわに恋をしました!」ブログ
 (金沢駅〜橋場町交番前約12分)
2)ひがし茶屋街
  ひがし茶屋街は文政三年(1820)に加賀藩がこの近辺に点在
 していたお茶屋をここに集めて町割りしたもので、今でもキムス
 コ(木虫籠)と呼ばれる美しい出格子がある古い街並みが残り、昔
 の面影をとどめています。灯ともし頃にもなれば、今でも軒灯が
 ともる茶屋から三味線や太鼓の音がこぼれてきます。
  平成13年に国の重要伝統的建造物保存地区に選定され、「街
 並みの文化財」として保存策が進められています。


 ■ひがし茶屋街紹介ページ
 (バス金沢橋場町金城楼前〜兼六下約5分)
3)主計(かずえ)町
  1869年(明治2)に開かれた茶屋街。ひがし・にしともに、大店
 の旦那衆の社交の場として栄えた。国の重要伝統的建造物群
 保存地区に指定。浅野川大橋から中の橋までの浅野川南岸に、
 美しい格子戸の料亭が立ち並んでいる。五木寛之の小説にも出
 てくる太郎がある。


 ■主計町紹介ページ
 (バス金沢橋場町金城楼前〜兼六下約5分)
4)兼六園
  兼六園は、江戸時代の回遊林泉式庭園の特徴を今日に残す
 代表的名園で、水戸の偕楽園、岡山の後楽園とともに日本の三
 名園と称されている。築庭は延宝3年(1676)加賀5代藩主綱紀に
 始まり、約170年を費やした。宏大・幽邃・人力・蒼古・水泉・眺望
 の六勝を兼ね備えるという意味から命名された。

 ■兼六園ホームページ
 ■兼六園散策地図
■植ちゃんの「金沢・いしかわに恋をしました!」ブログ
 (徒歩約1分)
5)金沢城公園
  金沢城は1580(天正8)年佐久間盛政が領主になってはじまる
 が、1583(天正11)年前田利家が入城し14代慶寧(よしやす)まで
 「加賀百万石」で知られる前田家の居城となった。金沢城下は300
 年に渡り一家の有力大名のもとで連綿として繁栄し、明治維新を
 迎えたのである。
  金沢城公園は東京ドームの5倍(28.5ha)と広大で、再建した河
 北門、菱櫓、五十間長屋、橋爪門続櫓のほか、既存の石川門、三
 十間長屋も含めた歴史的な史跡公園になっている。

 ■金沢城公園ホームページ

 ■金沢城公園散策地図
■植ちゃんの「金沢・いしかわに恋をしました!」ブログ
 (バス香林坊大和前〜広小路約5分)
6)忍者寺
  日蓮聖人の法孫・日像上人作の祖師像を安置する。寛永20年
 (1643)、三代藩主前田利常公の命により、城内にあった祈願所を移
 し、運上町に創建された。
  当山は短期間に能登石動山、新竪町そして現在地へと移転が行わ
 れ、寺町寺院群の中では比較的遅い時期に(1650年代)に移築され
 た。また一方では、万一の場合の出城として、その中心的役割を持た
 せたと言われる。そのため、建物全体が迷路状となり極めて複雑な構
 造を有し、今日では「忍者寺」の別称持つ人気スポット


 ■妙立寺ホームページ
 (バス広小路〜香林坊日銀前約4分)
7)長町武家屋敷跡
  長町は前田八家の1つ長氏の屋敷があったことから名付けられ
 ました。現在の長町武家屋敷一体は長氏、村井氏をはじめ上級武
 士から中級、下級武士などが住んでいました。現在では、当時の
 武家屋敷は殆ど残っていませんがその中で中級武士だった野村
 家邸は当時の武士の邸宅の様子を伺うことができます。


 ■長町紹介ページ
 ■植ちゃんの「金沢・いしかわに恋をしました!」ブログ
 (香林坊日銀前〜バス武蔵ヶ辻約4分)
8)近江町市場
  加賀野菜や加能ガニなど、金沢自慢の食材を買い求めるなら近江
 町市場が便利です。江戸時代に始まった歴史のある市場で、魚介、
 青果、精肉店など約170の店が軒を連ね、金沢市民の台所として親し
 まれています。
  寿司屋や食堂など市場ならではの活気のある飲食店も多く、食事に
 も利用できる。金沢観光の人気スポットです。


 ■近江町市場ホームページ
 (バス武蔵ヶ辻スタバ前〜金沢駅約8分)
9)金沢駅東口
  
10)金沢駅百番街みやげ館
■金沢百番街フロア案内
おすすめ金沢市内観光コースTOPへ
植ちゃんの「金沢・いしかわに恋をしましたTOPへ
金沢市内観光 1泊2日コース
 金沢市内の観光を1泊2日コースで組んでみました。
 基本的にバスを使ったコースづくりで、おもな観光ス
 ポットは十分時間も取れると思います。
 1日目出発は10時頃、2日目は午後3時頃駅到着を
 想定しております。

  *金沢周遊バス、路線バス利用
  (始発8:36、終発18:00、12分ごと出発)
■金沢駅東口バスターミナル地図
■金沢市内の交通機関(金沢周遊バス、ふらっとバス他)
2012.5.1UP
1日目コース
1)金沢駅東口バスターミナル
  2005年3月JR金沢駅東口広場の整備事業が完成した。この広
 場はガラスでできたドームを中心とした斬新な空間となっています。
 もてなしドーム、鼓門、水時計、地下広場などがある。

 ◇石川県金沢観光情報センター
  JR金沢駅構内にある「石川県金沢観光情報センター」では、金沢
 をはじめとした石川県内の観光パンフレットを多数揃え、観光に関す
 るさまざまな情報を提供しています。車椅子の無料貸出のほか、雨
 ・雪の日には雨傘や長靴の無料貸出など、天候の変わりやすい金
 沢ならではのサービスもいっぱい!

 ■石川県金沢観光情報センター紹介ページ
■植ちゃんの「金沢・いしかわに恋をしました!」ブログ
 (金沢駅〜橋場町交番前約12分)
2)ひがし茶屋街(30分)
●」時間に合わせて「まいどさん」が無料でご案内
 「まいどさん」申し込み問い合わせは
 金沢市観光協会 Tel 076-232-5555
  ひがし茶屋街は文政三年(1820)に加賀藩がこの近辺に点在
 していたお茶屋をここに集めて町割りしたもので、今でもキムス
 コ(木虫籠)と呼ばれる美しい出格子がある古い街並みが残り、昔
 の面影をとどめています。灯ともし頃にもなれば、今でも軒灯が
 ともる茶屋から三味線や太鼓の音がこぼれてきます。
  平成13年に国の重要伝統的建造物保存地区に選定され、「街
 並みの文化財」として保存策が進められています。


 ■ひがし茶屋街紹介ページ
 (徒歩中の橋経由約5分)
3)主計町(オプション金沢文芸館、金沢蓄音器館)
  1869年(明治2)に開かれた茶屋街。ひがし・にしともに、大店
 の旦那衆の社交の場として栄えた。国の重要伝統的建造物群
 保存地区に指定。浅野川大橋から中の橋までの浅野川南岸に、
 美しい格子戸の料亭が立ち並んでいる。五木寛之の小説にも出
 てくる太郎がある。


 ■主計町紹介ページ
 (バス金沢橋場町金城楼前〜兼六下約5分)
4)兼六園(30〜45分)
  兼六園は、江戸時代の回遊林泉式庭園の特徴を今日に残す
 代表的名園で、水戸の偕楽園、岡山の後楽園とともに日本の三
 名園と称されている。築庭は延宝3年(1676)加賀5代藩主綱紀に
 始まり、約170年を費やした。宏大・幽邃・人力・蒼古・水泉・眺望
 の六勝を兼ね備えるという意味から命名された。

 ■兼六園ホームページ
 ■兼六園散策地図
■植ちゃんの「金沢・いしかわに恋をしました!」ブログ
 (徒歩約1分)
5)金沢城公園(45分)
  金沢城は1580(天正8)年佐久間盛政が領主になってはじまる
 が、1583(天正11)年前田利家が入城し14代慶寧(よしやす)まで
 「加賀百万石」で知られる前田家の居城となった。金沢城下は300
 年に渡り一家の有力大名のもとで連綿として繁栄し、明治維新を
 迎えたのである。
  金沢城公園は東京ドームの5倍(28.5ha)と広大で、再建した河
 北門、菱櫓、五十間長屋、橋爪門続櫓のほか、既存の石川門、三
 十間長屋も含めた歴史的な史跡公園になっている。

 ■金沢城公園ホームページ

 ■金沢城公園散策地図
■植ちゃんの「金沢・いしかわに恋をしました!」ブログ
 (徒歩5分)
6)21世紀美術館
  2004年にオープンの金沢21世紀美術館は、現代アートを中心と
 した美術館で、金沢市の中心部に位置し、誰もがいつでも立ち寄る
 ことができ、さまざまな出会いや体験が可能となる公園のような美
 術館です。
  日経新聞の美術館ランキングでも西日本No1になった人気スポ
 ットです。


 ■21世紀美術館ホームページ
 (香林坊日銀前徒歩約5分)
 (香林坊〜金沢駅東口約10分)
7)金沢駅東口ターミナル
  
2日目
1)金沢駅東口ターミナル
 (バス金沢駅〜南町北陸銀行前約8分)
2)尾山神社
  明治6年に創建された加賀藩祖前田利家公と正室のお松の方を
 祀る神社。明治8年に建てられた神門は、和漢洋折衷のる層式で、
 明治初期に建てられた数少ない擬洋風建築遺構の1つであり現在
 は、国の重要文化財に指定。3層目には、ギヤマンがはめ込まれ、
 夕刻のギヤマンが夕日に映える頃や、日没から午後10時までの明
 かりが点灯する頃は見頃。


■尾山神社ホームページ
■植ちゃんの「金沢・いしかわに恋をしました!」ブログ
 (徒歩尾山神社〜香林坊〜長町約10分)
3)長町武家屋敷跡
●」時間に合わせて「まいどさん」が無料でご案内
 「まいどさん」申し込み問い合わせは
 金沢市観光協会 Tel 076-232-5555
  長町は前田八家の1つ長氏の屋敷があったことから名付けられ
 ました。現在の長町武家屋敷一体は長氏、村井氏をはじめ上級武
 士から中級、下級武士などが住んでいました。現在では、当時の
 武家屋敷は殆ど残っていませんがその中で中級武士だった野村
 家邸は当時の武士の邸宅の様子を伺うことができます。


 ■長町紹介ページ
 ■植ちゃんの「金沢・いしかわに恋をしました!」ブログ
 (バス香林坊大和前〜広小路約5分)
4)忍者寺(妙立寺)
  日蓮聖人の法孫・日像上人作の祖師像を安置する。寛永20年
 (1643)、三代藩主前田利常公の命により、城内にあった祈願所を移
 し、運上町に創建された。
  当山は短期間に能登石動山、新竪町そして現在地へと移転が行わ
 れ、寺町寺院群の中では比較的遅い時期に(1650年代)に移築され
 た。また一方では、万一の場合の出城として、その中心的役割を持た
 せたと言われる。そのため、建物全体が迷路状となり極めて複雑な構
 造を有し、今日では「忍者寺」の別称持つ人気スポット


 ■妙立寺ホームページ
 (徒歩〜西茶屋街約5分)
5)西茶屋街
  オプション(西茶屋街資料館、室生犀星記念館)
  金沢城の南西に位置する「にし茶屋街」も、城下の南を流れる犀川
 の外に防衛戦略上、集めた「寺町寺院群」からほど近い場所にある。
  文政(1812〜1829)ごろに茶屋街ができ、明治以降も歓楽街として
 にぎわった。北陸随一のネオン街・片町や、寺町寺院群などに近いの
 も魅力のひとつとなっている。


 ■室生犀星記念館ホームページ
 ■西茶屋資料館
 (バス広小路〜武蔵ヶ辻約10分)
6)近江町市場
  加賀野菜や加能ガニなど、金沢自慢の食材を買い求めるなら近江
 町市場が便利です。江戸時代に始まった歴史のある市場で、魚介、
 青果、精肉店など約170の店が軒を連ね、金沢市民の台所として親し
 まれています。
  寿司屋や食堂など市場ならではの活気のある飲食店も多く、食事に
 も利用できる。金沢観光の人気スポットです。


 ■近江町市場ホームページ
 (バス武蔵ヶ辻スタバ前〜金沢駅約8分)
7)金沢駅東口ターミナル
  
8)金沢駅百番街みやげ館
■金沢百番街フロア案内
おすすめ金沢市内観光コースTOPへ
植ちゃんの「金沢・いしかわに恋をしましたTOPへ

Copyright (C)2009 ue-chan All rights reserved