記事一覧

YAYA as HEADLINE

YAYAでヘッドラインセンサを作ってみました。
HEADLINE/2.0の仕様に準拠したもので、SSPでのみ使用可能です。

  • unyu_modoki.nar
    • うにゅう@もどき
    • 一番シンプルで改変しやすいと思います。
    • 掲示板のスレッド順が入れ替わらないと感知しないので実用性はほとんどありません。
    • 'url'オプションに対応しています。
  • ghostcenter_new.nar
    • 何かゴーストセンター新着
    • EUC-JPコードが読めない場合の解決策としてhttpc.dllで取得し直すという荒業。
    • 当然動作は遅くなりますがSAORIを使うサンプルにはなるかと思います。
    • 'url'オプションに対応しています。
  • nar_up.nar
    • narをアップするところ
    • 移転後のURLに対応しています。旧ヘッドラインセンサを上書きしますのでご注意ください。
    • HEADLINE.dllの仕様をYAYAで真似してみたかっただけです。
    • config.txtを改変するだけで他のサイトにも適用できるかもしれません。
    • config.txtを改変するだけならHEADLINE.dll使った方がいいです。
    • 'url'オプションには対応していません。

もう少し実用性と改変のしやすさを兼ね備えたサンプルを作りたかったのですが、どうにもなりませんでした。
同梱のライセンスに従ってご自由にお使い下さい。

ヘッドラインの情報を学習してトークに活かせないかなどとぼんやり考えていたのですが、Apricotがまさにそれですよね。

タイマーつきraiseを試してみた

タイマーつきraiseとは、SSP/2.01.49(実際に正常動作するのはSSP/2.01.50)より追加された仕様です。

SSP CHANGELOG/更新履歴

何がやりたかったと言うと、PLUGIN「BalloonSelector」でバルーン変更後に、バルーン選択メニューに戻したかったのですが、OnBalloonChangeイベントがPLUGIN側でフック出来ないので(PLUGINが関与せず純粋にSSPが発行しているので仕方ない)、バルーン変更スクリプトを送りつける際にメニューオープンの予約をしておこう、と考えて色々調べてみました。

  • +タイマーつきraise実装
    • timerraise/timerraiseother
    • \![timerraise,待ちミリ秒,繰り返すか否か,(この後は通常raiseといっしょ)]

あれ?プラグインには適用できないの?
と思って\![timerraiseplugin]って書いてみたらちゃんと動きました。
さすがSSP。

で、バルーン変更直前に
\![timerraiseplugin,100,true,BalloonSelector,...]
と書いたらちゃんと変更後にプラグインを動作させることができました。
ただ、OnBalloonChangeにセリフを仕込んでいるゴーストの場合、セリフが潰れてしまうんですね。
なので潔く諦めました。

ところで"繰り返すか否か"の部分、
trueが繰り返さない、falseが繰り返す、
になっているようです(仕様?バグ?)。まぎらわしいです。

\![timerraise]も実質\![raise]と同様の効果を発動できるので、台本トーク対応などで危険なSakuraScriptを弾く処理をする場合は危険スクリプトのリストに加えておいた方が良いかもしれません。

ネタが無い

拍手レス

何故か拍手をたくさん頂いております。
ありがとうございます。

レスの度にアンテナを上げるのも気が引けるので、
今後は従来通りLogの方でお返事させて頂きます。

右の方にLogへのリンクを追加しました。

設置早々

何も書くことないんですよね。

blog設置

今更な予感

HTML覚書

見出し
小見出し

テキストtext

強調
もっと強調
下線 抹消

引用引用引用引用引用引用引用引用引用引用引用引用引用引用引用引用引用引用引用引用引用引用引用引用引用引用引用引用引用引用引用引用引用引用引用引用引用引用引用引用引用引用引用引用引用引用引用

  • 非序数リスト
  • 入れ子
    1. 序数
    2. 序数

続きを読む発動
続きを読む

ページ移動