品川正治「希望へのメッセージ憲法問題講演会」2007|護憲運動|九条の会・わかやま
6.2 「希望へのメッセージ 憲法問題講演会」
★ 終了 超満員の320名に深い感銘! ★
<講演会文字化>  <質疑要旨>  <会紙37号>  <会紙38号>
財界リーダーが直言する 「これからの日本」

戦争・人間・憲法九条
 経済同友会終身幹事・国際開発センター会長 品川正治氏

2007年6月2日(土) 開場1時半 開演2時
プラザホープ4Fホール 和歌山市北出島1-5-47 Tel 073-425-3335
【入場無料】

共催:九条の会・わかやま 憲法9条を守る和歌山弁護士の会
連絡先:073-457-7279(柏原研究室) 073-427-0852(金原法律事務所)

[講師プロフィール] 品川正治 (しながわ まさじ):1924年7月26日、神戸市で生まれる。旧制三高に進学するが、44年12月、陸軍に召集される。46年に復員し、東大法学部に。48年、東京都内の中学校で1年間、英語と社会の教諭。49年、日本火災海上(当時)入社。84年に社長、89年に会長、91年から相談役。93年経済同友会の副代表幹事・専務理事。2004年、財団法人国際開発センター会長に就任。著書は「これからの日本の座標軸」(新日本出版社)など。
 一兵卒として従軍し戦争の悲惨さを知る立場から、最近の改憲の動きに反対し、日本経済の平和的発展を説いて、全国で精力的に講演活動を続けている。
朝日新聞(2007年3月3日)で活動が紹介される。
   <内容>

品川正治さんの主張・朝日新聞(2007年3月26日夕刊) <会紙32号>
  [トップページ]