薄毛対策を支援する薄毛対策ナビ

menu

薄毛対策支援ナビTOP
AGAの仕組み
AGAの原因と対策
薬に頼らない育毛
育毛に良い生活習慣
髪の毛を太くする方法
産毛を太くする方法
生え際の育毛
薄毛と遺伝の関係
育毛商品の効果
ミノキシジルの効果と副作用
フィナステリドの効果と副作用
女性におすすめの育毛シャンプー
 
AGA関連用語
男性ホルモン
5αリダクターゼ
DHT(5αDHT)
ヘアサイクル
脱毛因子「TGF-β」
FGF-5
ハミルトンの実験
 
育毛成分
亜鉛
アルギニン
塩化カルプロニウム
オウゴンエキス
加水分解酵母エキス
グリチルリチン酸ジカリウム
セファランチン
センブリエキス
ノコギリヤシ
ビワ葉エキス
ヒオウギエキス
プラセンタ
ポリリン酸ナトリウム
M-034エキス
t-フラバノン
 

DHT(ジヒドロテストステロン)


DHT(ジヒドロテストステロン)とは?

DHT(ジヒドロテストステロン)は、血液中のテストステロンが毛乳頭細胞の5αリダクターゼという酵素によって変換された成分で、AGA(男性型脱毛症)の元凶と評されています。

通常、男性の場合、主に睾丸から男性ホルモン(テストステロン)が分泌されており、この男性ホルモン(テストステロン)は血液に流れ体中を廻り細胞内に入ります。

男性ホルモン「テストステロン」は、身体のなかで筋肉を発達させたり、体毛を増やしたり濃くしたり、また、性欲を高めたり皮脂の分泌を促したりするホルモンで、これ自体が直接、男性型脱毛症の原因とはならないのですが、この男性ホルモン(テストステロン)が、人体に存在する酵素の一種である「5αリダクターゼ」 という酵素と結びつくことで、毛髪を生み出す毛母細胞を萎縮させるより強力な男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン )に変化します。

そして、DHT(ジヒドロテストステロン)は直接細胞に働きかけるのでなく、毛乳頭にある男性ホルモンレセプターと結合して脱毛因子「TGF-β」を増やします。

そして、この脱毛因子「TGF-β」がもう一つの脱毛因子であるFGF-5に伝達され、「髪の毛がぬけるように」という脱毛指令を出します。

つまり、テストステロンが5αリダクターゼと結びついてDHT(ジヒドロテストステロン)に変換され、そのDHTが男性ホルモンレセプターと結びついて脱毛因子を生産することがAGAによる抜け毛の原因となるのです。

DHTの役割


多くのAGA対策商品は、このDHTの産出を食い止めるべく5αリダクターゼの活性を弱める成分を配合しています。これによりDHTの産出量が少なくなると男性ホルモンレセプターと結合される絶対量が少なくなり、脱毛リスクも低下するという訳です。

Copyright (C) 2013 DHT(ジヒドロテストステロン) All Rights Reserved.