薄毛対策を支援する薄毛対策ナビ

menu

薄毛対策支援ナビTOP
AGAの仕組み
AGAの原因と対策
女性の薄毛の原因と対策
薬に頼らない育毛
育毛に良い生活習慣
髪の毛を太くする方法
産毛を太くする方法
生え際の育毛
薄毛と遺伝の関係
育毛商品の効果
ミノキシジルの効果と副作用
フィナステリドの効果と副作用
女性におすすめの育毛シャンプー
 
AGA関連用語
男性ホルモン
5αリダクターゼ
DHT(5αDHT)
ヘアサイクル
脱毛因子「TGF-β」
FGF-5
ハミルトンの実験
 
育毛成分
亜鉛
アルギニン
塩化カルプロニウム
オウゴンエキス
加水分解酵母エキス
グリチルリチン酸ジカリウム
セファランチン
センブリエキス
ノコギリヤシ
ビワ葉エキス
ヒオウギエキス
プラセンタ
ポリリン酸ナトリウム
M-034エキス
t-フラバノン
 

女性の薄毛の原因と対策


女性の薄毛の原因

近年は、薄毛に悩む女性の数も増えてきています。

女性の薄毛の原因として多いのが「びまん性脱毛症」と言われるものです。

びまん性脱毛症とは

びまん性脱毛症は、男性の薄毛のように生え際や頭頂部など部分的に薄くなっていくのではなく、髪全体のハリやコシがなくなり、髪の密度が低下して頭髪全体が薄くな り、地肌が目立ってくるのが特徴です。

複数の要因が複雑に絡み合って発症すると考えられていますが、最も多いのがホルモンバランスの乱れだと考えられています。

女性は、エストロゲンやプロゲステロンという女性ホルモンが分泌されていますが、基本的にこれらのホルモンは、女性に美しい髪をもたらします 。

しかし、女性ホルモンは、加齢やストレス、不規則な生活などで分泌量が減少します。そして、閉経後は分泌が殆どなくなってしまいます。

その結果、育毛にも悪い影響を与えてしまいます。

一方で女性にも男性ホルモンが存在します。

女性ホルモンの分泌量が加齢やストレスなどで減ってくると男性ホルモンの存在が優位に立つようになり、その結果、男性ホルモンが女性ホルモンより優位になることで男性のAGAと同じようなメカニズムで脱毛していくと考えられています。

このようなことから、びまん性脱毛症は男性のAGA(男性型脱毛症)に対して、FAGA(女性の男性型脱毛症)とも言われています。

近年の女性の社会進出の増加に伴い、ストレスによる女性ホルモンの乱れが女性の薄毛の増加に繋がっているのかもしれません。

FAGA(びまん性脱毛症)を発症した場合は、男性と同じく乱れたへアサイクルを改善し、正常なヘアサイクルに戻してやることで改善を図っていきます。

産後脱毛症とは

もう一つ、女性特有の脱毛症に産後脱毛症というのがあります。

これもやはり女性ホルモンが関係しています。

妊娠期間中は、女性ホルモンの分泌が活発になり、安全な出産に備えます。

そのため、通常であれば、抜けるはずの髪の毛の成長期が延長され、抜けずに伸び続けます。

しかし、出産すると女性ホルモンの分泌が急激に減少し、これまで抜けてこなかった髪の毛が一機に抜け落ちます。

これが産後脱毛症で、出産した多くの女性が経験します。

この場合は自然とヘアサイクルが正常になり、髪の毛は以前のように増えてきます。

女性の薄毛の対策

このように、女性の薄毛は、女性ホルモンの影響を受けている場合が殆どです。

男性のAGAのように、体質によるものではないため、

○規則正しい生活
○質の良い睡眠
○バランスの良い食事
○適度な運動
○ストレスの発散

などを心がけた生活を送ることで多くの場合は改善します。

特に、適度な運動は重要です。ストレスの発散にもなり乱れた自律神経を正常に戻す働きもありますし、血流を改善したり、質のいい睡眠にも繋がります。

それでもなかなか改善しない場合は、育毛シャンプーや育毛剤、また育毛サプリメントの使用を検討するといいと思います。

女性の薄毛には、ミノキシジルも有効ですが、医薬品のため副作用が伴います。

参考:女性におすすめの育毛シャンプー

参考:ミノキシジルの効果と副作用
 

Copyright (C) 2013 女性の薄毛の原因と対策 All Rights Reserved.