menu

薄毛対策支援ナビTOP
AGAの仕組み
AGAの原因と対策
薬に頼らない育毛
育毛に良い生活習慣
髪の毛を太くする方法
産毛を太くする方法
生え際の育毛
薄毛と遺伝の関係
育毛商品の効果
ミノキシジルの効果と副作用
フィナステリドの効果と副作用
 
AGA関連用語
男性ホルモン
5αリダクターゼ
DHT(5αDHT)
ヘアサイクル
脱毛因子「TGF-β」
FGF-5
ハミルトンの実験
 
育毛成分
亜鉛
アルギニン
塩化カルプロニウム
オウゴンエキス
加水分解酵母エキス
グリチルリチン酸ジカリウム
セファランチン
センブリエキス
ノコギリヤシ
ビワ葉エキス
ヒオウギエキス
プラセンタ
ポリリン酸ナトリウム
M-034エキス
t-フラバノン
 

ミノキシジルの効果と副作用


ミノキシジルの効果と副作用
ミノキシジル(Minoxidil)とはもともと血管拡張剤(高血圧の経口薬として)として開発された成分ですが、後に髪を育成し脱毛症を回復させる効果が発見され、1980年代に世界で初めて認可された脱毛症の治療薬です。

ミノキシジルは、アメリカをはじめとした世界中の多くの国の人が使っている育毛剤に配合されている成分で、リキッドタイプ(外用薬)のほかに経口タイプ(内服薬)のものがあります。

リキッドタイプ(外用薬)としては、日本では、リアップという商品名で販売されています。米国では早くからロゲインという商品名で取り扱われているほか、最近ではカークランドミノキシジル、カークランドロゲインといった名前で取り扱われています。

ミノキシジルの効果(働き)
AGAの場合、ジヒドロテストステロン(DHT)により脱毛スイッチが入ってしまった毛根は、髪へ栄養を届けるための血管が次第に収縮していき、頭皮の血行が悪化することにより髪への栄養補給能力が弱まります。

ミノキシジルは、その血管拡張作用により、脱毛スイッチが入ってしまった毛根や収縮した血管の再生を促します。AGAで弱った髪だけではなく、円形脱毛症のほか殆どの脱毛症に効果を発揮すると言われています。

ミノキシジルの副作用
ミノキシジルを外用薬として利用した場合、最も多い副作用としては「頭皮のかゆみ」があります。さらに頭皮の炎症や湿疹、脂漏性皮膚炎などの症状も副作用として確認されています。

また、これ以外の副作用としては、眠気、倦怠感、頭痛、体重増加、むくみなどの症状も出る可能性があります。公式ではありませんが、心臓がチクチクしたり、呼吸が荒くなる人、イライラしてしまう人もいたと報告されています。但し、副作用のすべてにおいて「ミノキシジルが原因である」との確証があるわけではないので、過敏になる必要はないとしています。

尚、ミノキシジルの含有量が多いほど、副作用の発生するリスクも高まります。

ミノキシジルを内服薬(飲むタイプ)として利用した場合はその効果も高くなるようですが、副作用も強くなります。もともと降圧剤として開発されたものですが、循環器系への副作用が強いため降圧剤としても使用されなくなった経緯があります。育毛剤としても利用することはお勧めできません。

また、耐性の問題もあります。耐性(薬剤耐性)とは、生物が、自分に対して何らかの作用を持った薬剤に対して抵抗性を持ち、これらの薬剤が効かない、あるいは効きにくくなる現象のことです。ミノキシジルについて耐性が確認されている訳ではありませんがその可能性はないとは言えないのが現状です。

薄毛改善や育毛ケアも大切なことではありますが、心身の健康に関する副作用やリスクがあるのでは問題です。

現在では薄毛改善・育毛ケアともに安心安全な成分が開発されており、上記のような副作用やリスクがない商品も多数販売されていますので、購入前にはその点をしっかりチェックしてから使用することが重要といえます。

> 薬に頼らない育毛

尚、上記リスクを理解した上でミノキシジルやフィナステリドを自己責任で個人輸入することは可能です。但し、個人輸入には一定のルールがありますのでルールに従って個人輸入する必要があります。

> ミノキシジルの副作用の詳細

> カークランド ミノキシジルカークランドロゲイン
  

Copyright (C) 2013 ミノキシジルの効果と副作用 All Rights Reserved.