薄毛対策を支援する薄毛対策ナビ

menu

薄毛対策支援ナビTOP
AGAの仕組み
AGAの原因と対策
薬に頼らない育毛
育毛に良い生活習慣
髪の毛を太くする方法
産毛を太くする方法
生え際の育毛
薄毛と遺伝の関係
育毛商品の効果
ミノキシジルの効果と副作用
フィナステリドの効果と副作用
女性におすすめの育毛シャンプー
 
AGA関連用語
男性ホルモン
5αリダクターゼ
DHT(5αDHT)
ヘアサイクル
脱毛因子「TGF-β」
FGF-5
ハミルトンの実験
 
育毛成分
亜鉛
アルギニン
塩化カルプロニウム
オウゴンエキス
加水分解酵母エキス
グリチルリチン酸ジカリウム
セファランチン
センブリエキス
ノコギリヤシ
ビワ葉エキス
ヒオウギエキス
プラセンタ
ポリリン酸ナトリウム
M-034エキス
t-フラバノン
 

生え際の発毛・育毛に効果的な育毛商品(育毛剤・育毛サプリメント)


生え際の薄毛の原因

AGA(男性型脱毛症)による脱毛は多くの場合、前頭部生え際や頭頂部から進行していきます。前頭部生え際の後退は正面から見ると特に目立ちます。

にもかかわらず、生え際が後退していくいわゆるM型の脱毛症は、髪の復活が最も難しい箇所と言われています。その理由は主に次のようなことが原因であると考えられています。

AGAの原因物質が多く存在

生え際の薄毛の復活が難しい理由の最も大きな原因がこのAGAの原因物質がそこに多く存在している点にあります。

その犯人は5αリダクターゼという酵素です。

この酵素は血液中を流れてきたテストステロンをAGAの原因物質であるDHTに変換する働きがあります。この影響を受けて前頭部生え際部分は髪の毛が薄くなっていくのです。

されに、5αリダクターゼにはT型とU型が存在し、U型5αリダクターゼがAGAの進行に大きくかかわっていることはわかっていますが、前頭部生え際部分には、U型に加えてT型も存在し、それが育毛の困難性を高めているという見解もあります。

逆に後頭部や側頭部が禿げないのは、この部分に5αリダクターゼという酵素や男性ホルモンレセプターが殆ど存在しないためだと言われています。

生え際の周辺は毛細血管が少ない

生え際の特徴として、頭皮の厚さが比較的薄く硬くなりがちで、そのため頭髪に栄養を送るための毛細血管の数も少なく血行も悪くなり栄養も十分に行き届かなくなるという見解があります。

しかし、自毛植毛で後頭部から移植した髪の毛が問題なく生え続けることを考えるとこの影響は少ないと考えられます。

いつも刺激にさらされている

前頭部の生え際部分は、髪をかき分ける動作や前方からの風、分け目への紫外線など常に刺激にさらされています。髪の中で最も負担がかかるの髪が前髪だともいえます。

このような刺激に四六時中さらされることは育毛環境には良いとは言えません。

特に分け目を同じ場所で続けていると段々と地肌が目立ってくることは多くの人が経験していることです。薄毛リスクの分散という観点からも分け目はときどき変えてやる必要があります。

眼精疲労による栄養分の不足

パソコンやスマホ、テレビゲームなどで目を酷使すると網膜が傷つきますが、その傷を修復するの欠かせない成分がシステインです。

システインは、健康な髪の毛の生成に欠かせない成分ですが、傷ついた網膜の修復にシステインが使用されると、毛髪生成時に十分な量を使えなくなり、切れやすかったり細かったり、抜けやすい髪が作られてしまいます。

この影響は特に頭部のM字部分に影響が出やすいと言われていますが、これも自毛植毛で後頭部から移植した髪の毛が問題なく生え続けることを考えるとこの影響は少ないと考えられます。

生え際の発毛・育毛対策

生え際にはこのような特徴があることから、その特徴に合った対策が必要となります。

AGAの原因となる物質を阻害する成分を配合する育毛商品

何はともあれ、生え際の薄毛対策は、AGAの原因となる物質(5αリダクターゼやDHT)を阻害したり、発毛因子を増やしてやることです。

日常生活(食事や睡眠、運動、ストレス発散など)の改善だけでAGAの進行を阻止することは難しいため、別途、育毛剤や育毛サプリメント、育毛シャンプーなどを利用します。

特に、AGA対策としては、血行を良くしたり、細胞を活性化するだけでは不十分でAGAの原因にアプローチする成分を含んでいなければ意味がありません。

これらの対策成分として、外用(育毛剤やシャンプーなどから)としては、
@アデノシン
Aサイトプリン・ペンタデカン
Bヒオウギエキス
CM-034エキス
Dオウゴンエキス
Eビワ葉エキス
など。

主に内服用(食品やサプリメントから摂取)としては、
@ソーパルメット(ノコギリヤシ)
A亜鉛
Bイソフラボン(エクオール)
Cプラセンタ
などがよく配合されています。

生え際の育毛を重視する場合はこれらの成分を豊富に含んだ育毛剤や育毛サプリメントを選ぶとよいでしょう。

血行を良くする成分を配合する育毛商品

さらに、生え際はおでこに近く頭皮が薄く硬いため、血行も悪く栄養も行き渡りにくいという見解もあります。その真意はともかく、血行を良くする成分を含む育毛剤や育毛サプリメント、育毛シャンプーなどは血流を促進し頭皮環境を整えますので極力そのような成分が配合されているものを選ぶようにします。

システインの不足を補う

目の酷使によるシステインの不足は生え際の薄毛を進行させるという見解もあります。

システインは、魚介類や野菜などから摂取することも可能ですが、これらは、簡単にミレットエキスなどのサプリメントで摂取すことも可能です。
 

Copyright (C) 2013 生え際の育毛 All Rights Reserved.