薄毛対策を支援する薄毛対策ナビ

menu

薄毛対策支援ナビTOP
AGAの仕組み
AGAの原因と対策
薬に頼らない育毛
育毛に良い生活習慣
髪の毛を太くする方法
産毛を太くする方法
生え際の育毛
薄毛と遺伝の関係
育毛商品の効果
ミノキシジルの効果と副作用
フィナステリドの効果と副作用
女性におすすめの育毛シャンプー
 
AGA関連用語
男性ホルモン
5αリダクターゼ
DHT(5αDHT)
ヘアサイクル
脱毛因子「TGF-β」
FGF-5
ハミルトンの実験
 
育毛成分
亜鉛
アルギニン
塩化カルプロニウム
オウゴンエキス
加水分解酵母エキス
グリチルリチン酸ジカリウム
セファランチン
センブリエキス
ノコギリヤシ
ビワ葉エキス
ヒオウギエキス
プラセンタ
ポリリン酸ナトリウム
M-034エキス
t-フラバノン
 

塩化カルプロニウムの育毛効果


塩化カルプロニウム

塩化カルプロニウムは血行を促進する効能がありそれによって毛乳頭に栄養分を与え発毛を促進する効能を発揮するといわれています。「フロジン液」という名前で、医療機関向けに円形脱毛症などの治療薬として処方されています。

塩化カルプロニウムは副交感神経刺激剤です。毛細血管は副交感神経を刺激することにより拡張します。副交感神経刺激剤である塩化カルプロニウムは、血管を拡張させ血流量を増やすことで毛根に栄養や酸素を運びその結果発毛を促す作用があるとされています。

塩化カルプロニウムは「日本皮膚科学会の男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」でもC1(行ってもよい)という評価を受けています。

参考:日本皮膚科学会の男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版

市販の育毛剤として用いられる場合は、濃度が2%と少な目ですが、クリニックなどでは5%濃度のものが処方されるのが一般的です。

副作用として熱感や刺激感、発汗、悪寒、かゆみなどがあります。塩化カルプロニウムは育毛剤のカロヨンシリーズなどに配合されています。

Copyright (C) 2013 塩化カルプロニウムの育毛効果 All Rights Reserved.