薄毛対策を支援する薄毛対策ナビ

menu

薄毛対策支援ナビTOP
AGAの仕組み
AGAの原因と対策
薬に頼らない育毛
育毛に良い生活習慣
髪の毛を太くする方法
産毛を太くする方法
生え際の育毛
薄毛と遺伝の関係
育毛商品の効果
ミノキシジルの効果と副作用
フィナステリドの効果と副作用
女性におすすめの育毛シャンプー
 
AGA関連用語
男性ホルモン
5αリダクターゼ
DHT(5αDHT)
ヘアサイクル
脱毛因子「TGF-β」
FGF-5
ハミルトンの実験
 
育毛成分
亜鉛
アルギニン
塩化カルプロニウム
オウゴンエキス
加水分解酵母エキス
グリチルリチン酸ジカリウム
セファランチン
センブリエキス
ノコギリヤシ
ビワ葉エキス
ヒオウギエキス
プラセンタ
ポリリン酸ナトリウム
M-034エキス
t-フラバノン
 

育毛によい生活習慣


抜け毛・薄毛の原因には、AGAやFAGAによるほか、乱れた生活習慣(食習慣や睡眠、運動、ストレス)による場合などがありますが、AGAを発症している場合でも、生活習慣が乱れるとAGAを加速されるということもわかっています。

生活習慣の改善は、育毛の基本です。ここでは、育毛によい生活習慣についてまとめています。

睡眠

睡眠は、育毛にとって最も重要な要素の一つです。というのも髪を育てる成長ホルモンの分泌が最も多いのが睡眠時だからです。成長ホルモンは、細胞の増殖や正常な代謝を促進させ皮膚や筋肉などを育成・メンテナンスする物質です。

特に、入眠して2時間ほどに訪れる最初のノンレム睡眠時は分泌される成長ホルモンが最も多いと言われています。この時の睡眠の質を上げることは非常に重要ですし、十分な睡眠時間を確保することも髪の成長には不可欠と考えられています。

これまでは、22時から翌2時の4時間が最も成長ホルモンが多く分泌されるゴールデンタイムと言われていましたが、これは古い情報です。現在では専門家のあいだでも、入眠して2時間ほどに訪れる最初のノンレム睡眠時がゴールデンタイムと解釈されています。

かといって夜更かししても問題ないかと言われるとそれも違い、日付が変わらないうちに入眠する方が夜更かしするより成長ホルモンの分泌量が多いということもわかっています。

適度な運動

ウォーキングや軽いジョギングなどの適度な有酸素運動は血行を良くするほか自律神経やホルモンのバランスを整えたりストレス発散効果などがあります。

有酸素運動を継続することは筋肉量の増加を目的とした短時間の無酸素運動に比べても白髪・脱毛リスクを抑えることができると言われています。

また、有酸素運動は、各種栄養素や酸素を髪のもとである毛乳頭細胞や毛母細胞に届ける毛細血管を増やす働きもあるとされています。さらに、汗をかくことで、脱毛の原因となるDHTの排出も期待されていますので是非日常に取りいれたいものです。

質のよい睡眠をとるためにも適度な運動は有効です。

食習慣

栄養が偏った食事は、育毛に必要な栄養が不足してしまいます。育毛に必要な栄養として特に大切なものが、髪の毛の主成分であるタンパク質です。

そしてタンパク質と合せて摂りたいのが必須ミネラルの一つである亜鉛です。

亜鉛はタンパク質の合成や骨の発育などに欠かすことのできない必須ミネラルですので不足することがないよう心がけましょう。

タンパク質の一種であるコラーゲンも髪の毛を太くしっかりするのに効果的です。髪の毛に腰がなくなってきたと感じたらコラーゲンをたっぷり摂ることをおすすめします。

同時にビタミンの摂取も大事です。ビタミンは、髪の成長にも大きく影響する栄養素です。特に血行を促進する作用のあるビタミンE、細胞分裂を正常化して頭皮の健康を保つビタミンA、コラーゲンの生成を助けて血管や頭皮を丈夫にするビタミンC、ビタミンCの吸収を助け、ビタミンCが体内で十分機能を果たす手助けをするビタミンPなどは髪の成長に大きく影響する栄養素です。

バランスのいい食事を心がければ大体の成分は摂取されますのでバランスのいい食事を心がけることが大切です。最近はサプリメントも豊富ですので、不足していると思われる成分があったらサプリメントなどで補うことも有効です。

ストレス対策

適度なストレスはむしろ必要だと言われていますが、過度のストレスは、身体にあらゆる悪影響を及ぼします。ストレスを感じると、筋肉が収縮して血行が悪くなります。

さらに自律神経の働きも鈍り、髪の成長に必要な栄養が十分に行き届かなくなくなってしまい、結果的に抜け毛や薄毛が進行してしまいます。

また、過度なストレスは、食欲不振や内臓の機能低下、不眠症など健康そのものに害を及ぼしてしまいます。自分なりのストレス解消方法でストレスを上手く発散することを心がけましょう。ストレス発散効果にも運動は大変有効です。

喫煙・ダイエット・飲酒など

喫煙は、タバコの中に含まれるニコチンが血管を収縮させて血行を悪くする作用を持っているため、白髪や薄毛のリスクが高くなると言われています。喫煙者は禁煙を行うことで白髪・薄毛の改善効果を生み出すことができます。

偏食や絶食などの過度のダイエットは、髪の毛に栄養が十分行き届かなくなります。育毛を考えた場合、ダイエットは身体を動かすことで実現することが望ましいのは言うまでもありません。

飲酒に関してはアルコールを摂取することで肝臓に多大なる負担をかけてしまいます。また、タバコに含まれるアセトアルデヒドも肝臓に大きな負担をかけてしまいます。

沈黙の臓器とも言われる肝臓は、髪の主成分であるタンパク質などの栄養素を合成する働きがありますので髪の製造にも密接な繋がりがあり、負担をかけると薄毛リスクが高くなります。

ヘアケア

間違ったヘアケアは薄毛リスクを高めてしまいます。その代表的なものがシャンプー選びです。

毎日使うシャンプーですので、ラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Naなど頭皮に害があるとされる成分を配合している高級アルコール系シャンプーと言われるものは敬遠し、できれば頭皮に優しく刺激の少ないアミノ酸系シャンプーを使われることをおすすめします。

尚、薄毛ではなくても育毛剤や育毛トニックなどを使って将来の薄毛リスクに備えるのも有効です。塗布後に行うマッサージは髪の毛を太くする効果も期待できます。

また、整髪料やヘアワックス、ヘアスプレーを使用する場合は頭皮につかないように注意しましょう。使用する場合でも少量、短時間を心がけます。多用すると髪のキューティクルの損傷につながり、髪痩せの原因となってしまいます。

参考:女性におすすめの育毛シャンプー
 

Copyright (C) 2013 育毛によい生活習慣 All Rights Reserved.