薄毛対策を支援する薄毛対策ナビ

menu

薄毛対策支援ナビTOP
AGAの仕組み
AGAの原因と対策
薬に頼らない育毛
育毛に良い生活習慣
髪の毛を太くする方法
産毛を太くする方法
生え際の育毛
薄毛と遺伝の関係
育毛商品の効果
ミノキシジルの効果と副作用
フィナステリドの効果と副作用
女性におすすめの育毛シャンプー
 
AGA関連用語
男性ホルモン
5αリダクターゼ
DHT(5αDHT)
ヘアサイクル
脱毛因子「TGF-β」
FGF-5
ハミルトンの実験
 
育毛成分
亜鉛
アルギニン
塩化カルプロニウム
オウゴンエキス
加水分解酵母エキス
グリチルリチン酸ジカリウム
セファランチン
センブリエキス
ノコギリヤシ
ビワ葉エキス
ヒオウギエキス
プラセンタ
ポリリン酸ナトリウム
M-034エキス
t-フラバノン
 

産毛を太くする方法


産毛を太くする方法

産毛(うぶ毛)とは、通常の髪のように太く長く成長していない、細くてコシがない髪の状態を指します。一般的に新生毛とも呼ばれています。

健康な髪の毛は、何もしなくても正常なヘアサイクルを経て細くて薄い産毛の状態から徐々に長く太くなっていきます。

しかし、AGAなどの脱毛症を発症した場合は、主に男性ホルモンの影響で産毛が充分に成長しないまま抜け落ちてしまいます。

特にこのような状態の産毛は細くて弱いため、ちょっとした刺激で抜けてしまいます。もしかしたら抜けていることにも気づかないかもしれません。

従って、産毛の状態やまだ成長しきれていない弱々しい細い髪の状態で抜け落ちる髪が増えてきたらヘアサイクルの中の成長期を十分に経ないまま退行期に向かっている髪の毛と考えられるため、AGAやFAGAを疑ってみる必要があります。

通常は、正常なヘアサイクルを経た髪が、毎日、50から100本抜け落ち、その分新しい髪の毛が生えていますが、AGAなどの脱毛症を発症した場合は、主に男性ホルモンの影響で産毛が充分に成長しないまま抜け落ちる髪も加算されるため、抜け毛の本数は多くなります。

抜け毛の本数が生えてくる髪の毛の本数を上回っている状態が続くと、薄らと地肌が目立つようになってきます。

従って、抜けた髪の毛の中に細い産毛のような短い毛が混じっていたら要注意です。早めに産毛を太く育てる対策を打たなければなりません。

産毛を太くするにはAGA対策が効果的

産毛が太くて長い髪に成長できない理由で最も多いのがAGAやFAGAです。

生活習慣や食習慣の乱れでこういう髪(産毛が太くて長い髪に成長しない)が増えるということはまず考えられません。他の脱毛症の多くは長くて太い髪がハタリと抜け落ちるのが特徴です。

従って、髪の毛が細く短い状態で抜ける、産毛が成長しないということは、殆どの場合、原因はAGA(FAGA)であるため、AGA(FAGA)対策を行う必要があります。

ただ、生活習慣や食習慣の乱れ、ストレスなどはAGAの進行を助長しますので、合せてこれらの改善を行うことでAGA対策はより有効になります。

AGA(FAGA)対策は、その原因を取り除き、正常なヘアサイクルに戻してやることが重要で唯一の解決策となります。

AGA(FAGA)の原因には、主に

・男性の場合は男性ホルモン(遺伝的要素を含む)
・女性の場合はホルモンバランスの乱れ
・AGAを加速させる生活習慣(ストレス・食習慣)

があります。

これらの原因を取り除くことによってAGA(薄毛・抜け毛)を改善し、正常なヘアサイクルを取り戻すことができます。

これにより、成長期からすぐに退行期に向かっていた髪の毛を成長期のまま持続させ、産毛を太い髪に導くことができるようになります。

産毛を太い髪に導く方法は、AGA対策が唯一の手段であり解決策なのです。

参考:AGA対策に有効な育毛剤

参考:AGA(薄毛・抜け毛)の予防と対策
 

Copyright (C) 2013 産毛を太くする方法 All Rights Reserved.