薄毛対策を支援する薄毛対策ナビ

menu

薄毛対策支援ナビTOP
AGAの仕組み
AGAの原因と対策
薬に頼らない育毛
育毛に良い生活習慣
髪の毛を太くする方法
産毛を太くする方法
生え際の育毛
薄毛と遺伝の関係
育毛商品の効果
ミノキシジルの効果と副作用
フィナステリドの効果と副作用
女性におすすめの育毛シャンプー
 
AGA関連用語
男性ホルモン
5αリダクターゼ
DHT(5αDHT)
ヘアサイクル
脱毛因子「TGF-β」
FGF-5
ハミルトンの実験
 
育毛成分
亜鉛
アルギニン
塩化カルプロニウム
オウゴンエキス
加水分解酵母エキス
グリチルリチン酸ジカリウム
セファランチン
センブリエキス
ノコギリヤシ
ビワ葉エキス
ヒオウギエキス
プラセンタ
ポリリン酸ナトリウム
M-034エキス
t-フラバノン
 

髪の毛を太くする方法


ここでは、髪の毛を太くする方法を解説しています。

髪の毛の太さ

個人差があるものの日本人の平均的な髪の太さは0.07mm〜0.1mmといわれています。髪の毛は、男性は10代から20代にかけて、女性は10代から30代にかけて太くなり、男性は20代後半、女性は30代後半から徐々に細くなっていきます。

髪の太さや質、白髪などは基本的には遺伝によるものが大きいと考えられています。

親から遺伝で受け継いだ髪の太さや質などはその後、劇的に変化する(細い髪が太くなる)ことはないようですが、生活習慣の乱れやAGAを発症するなどの後天的要因で弱く細くなっている場合は、生活習慣の改善やAGA対策などで、ある程度改善することが可能です。

髪の毛が細い原因

髪の毛が細い原因には、
生まれつきもともと細い場合(体質)
AGA(FAGA)や生活習慣、食習慣などでもともと太かった髪がやせ細ってきた場合
加齢による場合
の3種類があります。

生まれつきもともと髪の毛が細い場合は、遺伝的な要素が大きくいわゆる体質ですのでもとの髪の毛自体を太く強く変化させることは困難だと考えられています。加齢による場合も細胞の老化によるもののため同じことが言えます。

一方、AGA(FAGA)や生活習慣、食習慣、ストレスなどでもともと太かった髪が急激にやせ細ってきた場合は、その原因を取り除くことで髪の毛をもとの太さに近いところまで強く太く改善できる可能性があります。

髪の毛を太くする方法

原因を問わず、髪の毛を太くする方法には、
本来の自分の髪の毛自体を太くしていく方法
何らかの細工をして一時的に髪を太くする方法
の2通りがあります。

それぞれ、どういう方法があるか探ってみます。

自分の髪自体を根本的に太くしていく方法

1.育毛成分を積極的に摂りいれる

髪の毛が細い体質の人は、遺伝的要素が含まれていますので劇的に太くすることは困難ですが、髪の毛によい成分を積極的に摂りいれることで多少は太くなることが期待できます。加齢による場合も同じことが言えます。

髪の毛を太くするのに特に有効と考えられている成分には、亜鉛コラーゲンビオチンミレットエキスなどがあります。
 
髪の毛を太くする成分
亜鉛
コラーゲン
ビオチン
ミレットエキス

亜鉛は、食事で摂ったタンパク質を髪の毛や筋肉、臓器などに変える働きや、AGAの原因である5αリダクターゼの働きを抑制する効果があります。

コラーゲンは、発毛メカニズムと密接な関係にある毛包幹細胞(髪の毛の元となる細胞)を維持するために必須と言われているほか、アメリカの研究実験で、毎日14gのコラーゲンを2ヶ月間摂取し続けたところ、摂取前に比べて毛髪がおよそ10%も太くなったという研究報告があります。

ビオチンは、皮膚全体の新陳代謝を活発化させたり、コラーゲンの生成を促す効果もあるとされており、ミレットエキスは、髪の毛の主成分であるケラチンを構成するアミノ酸「シスチン」と「メチオニン」を始め髪に良い成分を豊富に含みます。

これらの成分を含む食事やサプリメントで積極的に摂取することで髪の毛の太さに良い影響を与えることが期待できます。

2.血行をよくする

血行を良くすると、血液中の栄養が毛乳頭や毛母細胞に行き渡りやすくなり、その分、髪の製造活動にも良い影響をもたらします。

その点、頭皮のマッサージは血流を良くし、髪を太くするのに有効と言われています。

大手メーカー花王の実験によれば、6カ月間の頭皮マッサージで毛髪の密度が約6%増加し、髪の毛のハリとコシの弾力係数が上昇したという報告もあります。

また、育毛剤や育毛トニックなどを活用するのもおすすめです。これらは薄毛になって使い始めるものばかりではなく、将来の薄毛リスクに備えたものもあります。これらには血行を促進する成分が必ずといっていいほど配合されています。

3.生活習慣・食習慣を見直す

生活習慣(規則正しい生活や質の良い睡眠など)の乱れや栄養バランスが偏った食習慣、過度のストレスや運動不足などで髪の毛がやせ細ってきている場合はその原因を取り除くことで髪は太くなり(もとに戻り)ます。

AGAを発症している場合でもこれらの生活習慣や食習慣の乱れ、ストレス、運動不足などがAGAを加速させると言われていますのでこれらの生活習慣の改善は必須です。

特に女性の場合は、生活習慣や食習慣の改善、ストレス対策などで乱れたホルモンバランスが整っていきますので比較的簡単に髪の毛は元気で太い状態に戻っていきます。

参考:育毛に良い生活習慣

また、日頃から使用しているシャンプーを見直すことも有効です。シャンプーは、日常生活で唯一、ほぼ毎日、頭皮や髪につけるものですので髪に与える影響は大変大きいと認識すべきです。

良質なシャンプーで頭皮を毎日ケアすることは、髪と頭皮を健康に保つ基本です。

逆に頭皮に悪影響を与える成分を含むシャンプーを使用し続けると、頭皮(毛穴)から有害な成分が取り込まれ、浸透・蓄積し、頭皮の中からキューティクルなどを傷つけて徐々に髪が痩せて細くなってしまうという指摘もあります。

最近、ノンシリコンシャンプーとかアミノ酸系シャンプーとかいったものがブームになっているのはこういった頭皮や髪の健康志向が高まってきているからです。

シャンプーには、その洗浄成分によりおおまかに
・石油系・高級アルコール系
・石鹸系
・アミノ酸系
の3種類があります。

石油系・高級アルコール系のシャンプーは、脱脂力が強く頭皮のバリア機能として必要な皮脂を取り過ぎてしまう傾向があるため注意しなければなりません。頭皮が乾燥し、バリア機能を弱めると外敵からの刺激に弱くなり育毛にはマイナスと考えられています。

また、石油系・高級アルコール系のシャンプーは、タンパク質変性作用があります。タンパク質の性質を変えてしまう作用で、洗剤などを使って手が荒れるといった原因にもなる作用です。

髪を太くしたい場合は、頭皮に優しく刺激が少ない「アミノ酸系」のシャンプー(リンス、トリートメント)を使うことをお勧めします。 

石油系・高級アルコール系 低コストで製造できるため価格が安価ですが、肌への刺激が強く頭皮や髪に残ると悪影響を及ぼします。ドラッグストアやスーパーなどの量販店で安価に販売されているものの大半がこの成分を使ったシャンプーです。
石鹸系 アルカリ性で洗浄力があり、環境にやさしく人体に悪い影響を及ぼす成分は含まれていませんが、肌への刺激が強く頭皮や髪に残ると悪影響を及ぼします。また、仕上がりの髪がきしんだりゴワついたりする場合があります。
アミノ酸系 髪の元と同じ成分なので頭皮や髪にやさしく程よい洗浄力があります。但し、原料が高いため値段が高めとなります。最近、頭皮のケアブームでこの手のシャンプーが増えています。


4.AGA(FAGA)対策

以上が自分の髪の毛自体を太くする基本的なことですが、AGAやFAGA(びまん性脱毛症を含む)が疑われる場合は、これら生活習慣や食習慣の改善に加えて育毛剤や育毛サプリメントなどに頼るなど、別途しっかりしたAGA(FAGA)対策が必要になります。

具体的なAGA対策としては、AGAの原因である5αリダクターゼやDHTの働きを阻害・抑制することです。そのためにはその働きを持つ育毛剤やサプリメントを活用するしか方法はありません。

AGAの原因とされる5αリダクターゼの働きを抑制する働きがあるとされている代表的な成分には、ノコギリヤシ(ソウパルメット)亜鉛イソフラボンプラセンタなどがあります。

5αリダクターゼの働きを抑制する成分
ノコギリヤシ(ソウパルメット)
亜鉛
イソフラボン(エクオール)
プラセンタ

特に、イソフラボンから作られるエクオールという成分は、5αリダクターゼの働きを抑制する働きやDHTが男性ホルモンレセプターと結合するのを阻害する働きがあるとして注目を浴びています。女性の薄毛や円形脱毛症などでクリニックでも勧めているところがあります。

参考:エクオールで薄毛予防(発毛・育毛ガイドナビ)

また、育毛剤や育毛サプリメントも現在では研究も進み、様々なAGA(FAGA)対策商品も多数販売されています。薬と異なり副作用のリスクも非常に少ないので安心して使うことができます。

参考:おすすめの男性用育毛剤ランキング

一時的に髪を太くする方法

一時的に髪を太くする、つまり誤魔化す方法はいくつかあります。

1.パーマをかける

最も手っ取り早く高い効果が期待できるのが根元部分からパーマをかけることです。

パーマ液が髪の内部に入り込んだまま形状を維持してくれますので髪の毛は太くなります。かけ方を間違わなければペタン髪にもならずふんわりボリュームアップ効果も加わり、もともとの薄毛状態がさほど酷くない場合は、薄毛も殆ど目立たなくなります。

但し、頻繁にパーマをかけると髪や頭皮を傷めてしまいますので、少なくとも2ヶ月ほどは間隔をあけることをおすすめします。

2.シャンプーを変える

今使っているシャンプーをボリュームアップ効果のあるシャンプーに変えることも有効です。

但し、ボリュームアップシャンプーの成分には要注意です。市販の安価なものはボリュームアップ機能に傾注するあまり、頭皮のことを考えた成分設計にしていないものも多く見られます。使うほどに本来の髪の太さまで損なっていくのでは本末転倒です。

できれば頭皮のことを考えた育毛シャンプーで、なおかつ髪のボリュームアップを実現してくれるシャンプーを選ぶようにしましょう。

できれば頭皮に優しい自然な成分で髪のボリュームアップを図れるシャンプーを使われることをお勧めします。頭皮に悪影響を与えず、本来の自分の髪の毛自体を健全に太くしていく機能を持ちながら、かつボリュームアップを図ってくれるシャンプーがベストです。

参考:ボリュームアップシャンプー(育毛大全)

参考:女性におすすめの育毛シャンプー
 

Copyright (C) 2013 髪の毛を太くする方法 All Rights Reserved.