menu

薄毛対策支援ナビTOP
AGAの仕組み
AGAの原因と対策
薬に頼らない育毛
育毛に良い生活習慣
髪の毛を太くする方法
産毛を太くする方法
生え際の育毛
薄毛と遺伝の関係
育毛商品の効果
ミノキシジルの効果と副作用
フィナステリドの効果と副作用
 
AGA関連用語
男性ホルモン
5αリダクターゼ
DHT(5αDHT)
ヘアサイクル
脱毛因子「TGF-β」
FGF-5
ハミルトンの実験
 
育毛成分
亜鉛
アルギニン
塩化カルプロニウム
オウゴンエキス
加水分解酵母エキス
グリチルリチン酸ジカリウム
セファランチン
センブリエキス
ノコギリヤシ
ビワ葉エキス
ヒオウギエキス
プラセンタ
ポリリン酸ナトリウム
M-034エキス
t-フラバノン
 

髪の毛を太くする方法


髪の毛の太さ
個人差があるものの日本人の平均的な髪の太さは0.07mm〜0.1mmといわれています。髪の毛は、男性は10代から20代にかけて、女性は10代から30代にかけて太くなり、男性は20代後半、女性は30代後半から徐々に細くなっていきます。

髪の太さや質、白髪などは遺伝によるものが大きいと考えられています。

親から遺伝で受け継いだ髪の太さや質、白髪などはその後、劇的に変化する(細い髪が太くなる)ことはないようですが、AGAなどの要因で弱っている場合は、外的環境(育毛剤や食品)などからの栄養補給などで、ある程度改善することが可能です。

髪の毛が細い原因
髪の毛が細い原因には大きく2通りあります。

1つは、生まれつきもともと髪の毛が細い場合。もう1つは、AGA(FAGA)や生活習慣、食習慣などでもともと太かった髪がやせ細ってきた場合です。

生まれつきもともと髪の毛が細い場合は、遺伝的な要素が大きくいわゆる体質ですので太く強く変化させることは困難です。

一方、AGA(FAGA)や生活習慣、食習慣などでもともと太かった髪が急激にやせ細ってきた場合は、その原因を取り除くことで髪の毛をもとの太さに近いところまで強く太く改善できる可能性があります。

髪の毛を太くする方法
髪の毛を太くする方法には「本来の自分の髪自体を太くする方法」と「ボリュームアップシャンプーやヘアクリームなどを使って一時的に髪を太くする方法」です。

自分の髪自体を根本的に太くする方法

AGA(FAGA)や生活習慣、食習慣などで髪の毛がやせ細ってきている人は髪が太くなる(もとに戻る)可能性があります。

唯一の対策方法は、AGA(FAGA)対策です。女性の場合は乱れたホルモンバランスを整えることも重要です。AGA(FAGA)は、日頃の生活習慣や食習慣の改善で、ある程度は改善できますが、遺伝による体質的な面もありますので、育毛剤や育毛サプリメント、育毛シャンプーなどに頼るのが効果的です。

現在では研究も進み、薬のような副作用やリスクが少ない、安全で有効なAGA(FAGA)対策商品も多数販売されています。

ポイント1.シャンプーを見直す

シャンプーは、日常生活で唯一、ほぼ毎日、頭皮や髪につけるものですので髪に与える影響は大変大きいと認識すべきです。

良質なシャンプーで頭皮を毎日ケアすることは、髪と頭皮を健康に保つ基本です。逆に頭皮に良くない成分を含むシャンプーを使用し続けると、頭皮(毛穴)から頭皮(髪)に有害な成分が取り込まれ、浸透・蓄積し、頭皮の中からキューティクルなどを傷つけて徐々に髪が痩せて細くなってしまうという指摘もあります。

最近、ノンシリコンシャンプーとかアミノ酸系シャンプーとかいったものがブームになっているのはこういった頭皮た髪の健康志向が高まってきているからです。

シャンプーには、おおまかに「石油系・高級アルコール系」、「石鹸系」、「アミノ酸系」の3種類があります。

「石油系・高級アルコール系」は、合成界面活性剤などを使用しており頭皮に悪影響を与える可能性がありますので髪を太くしたい場合は、「アミノ酸系」のシャンプー(リンス、トリートメント)を使うことをお勧めします。
 
石油系・高級アルコール系 低コストで製造できるため価格が安価ですが、肌への刺激が強く頭皮や髪に残ると悪影響を及ぼします。
石鹸系 アルカリ性で洗浄力があり、環境にやさしく人体に悪い影響を及ぼす成分は含まれていませんが、肌への刺激が強く頭皮や髪に残ると悪影響を及ぼします。また、仕上がりの髪がきしんだりゴワついたりする場合があります。
アミノ酸系 頭皮や髪にやさしく程よい洗浄力があります。但し、原料が高いため値段が高めとなります。最近、頭皮のケアブームでこの手のシャンプーが増えています。


ポイント2.ヘアケア商品を検討する

シャンプーで頭皮の育毛環境を整えたら、育毛剤や育毛サプリメントを検討されることをお勧めします。特にAGA(男性の薄毛や脱毛症)やFAGA(女性の薄毛や脱毛症)が進行している方は、良質なシャンプーの使用に加えてAGA・FAGA対策成分を豊富に含む育毛剤や育毛サプリメントを併用することをおすすめします。

AGAで薄く細く弱った髪を元の健康な髪に戻す効果が期待できる成分としては、いくつか発見・開発されてきていますが、特に髪の毛を積極的に太くしたい場合の食品としては亜鉛やソーパルメット、イソフラボン、コラーゲンなどが有効とされています。これらの食品には、髪の毛の組織を生成する細胞の生成を助けたり、AGAで細いままに抜け落ちる髪の毛を正常なヘアサイクルに導いて太くて強い髪へ育てる働きがあるとされています。

おすすめ育毛剤、育毛シャンプー、育毛サプリメント

ポイント3.生活習慣・食習慣を見直す

AGAの場合に限らず、生活習慣や食習慣で髪の毛が弱っている場合もあります。生活習慣で気をつけたいことは、規則正しい生活、適度な運動、睡眠、ストレス対策などです。

育毛に良い生活習慣

一時的に髪を太くする方法

ボリュームアップシャンプーやヘアクリーム、ワックスなどで髪の毛に成分を浸透させたりコートしたりして一時的に髪を太くする方法があります。

ボリュームアップシャンプーやリンス、ヘアクリーム、ワックスなどを使う場合は、即効性がありますが、その配合成分には十分注意する必要があります。特にヘアクリームやワックスなどは頭皮のことを考えた商品は少なく、自分の本来の髪を弱めてしまうリスクがあります。

できれば頭皮に優しい自然な成分で髪のボリュームアップを図れるシャンプーを使われることをお勧めします。頭皮に悪影響を与えず、本来の自分の髪の毛自体を健全に太くしていく機能を持ちながら、かつボリュームアップを図ってくれるシャンプーがベストです。

ボリュームアップシャンプー
  

Copyright (C) 2013 髪の毛を太くする方法 All Rights Reserved.